ライトノベル積読会hp






どうも、ライトノベル積読会のni-toです。
夏コミに当選したことを遅ればせながら報告します
今回は、これまでとは違い総集本を発行しようという事になりました。
1号2号の内容が収録するのは決定ですが、あとは色々セレクトしようかと
そのあたりについては告知出来る段階で告知しようかと思います。

追記
日程:8月13日(二日目)
サークルスペース:【西ゆ−36b】
・頒布物
適当ライトノベル読本総集本NO.1


内容
-日常系・空気系のライトノベルたち:ni-to(ソフラマ5号寄稿)
-桜庭一樹の『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』を読む:ni-to(第一号より)
-現実を打ち抜く少女たち:えるうぃ(第一号より)
-GOSICK ヴィクトリカと一弥と二つの大戦::えるうぃ(第五号より)
-桜庭一樹『ブルースカイ』に環境分析的読解を試みる:ni-to(ソフラマ4号寄稿)
-『9S<ナインエス>』と『月姫』:えるうぃ(第二号より)
-『9S<ナインエス>』とハリウッド映画:ni-to(第二号より)
お値段:700円


今回は総集編という事で過去のコピー本だったものをまとめてみました。一号が桜庭一樹だったのと、その後にそこかしこで桜庭一樹について書いていたために今回の総集本でも桜庭一樹を中心にまとめたものとなりました。コピー本だったものをまとめる感じな流れだったので、いつになるかわからないですがもう一冊文くらい総集本が作れるかと思います。
また僕がソフラマさんへ寄稿したものも収録しています。「日常系・空気系のライトノベルたち」は自分でも気に入ってたのでソフラマ手に入れてない人で適当ライトノベル読本を買ってくれる人などに読んでもらえればなぁと思い収録。これが収録されたソフラマ自体は去年に出ているので早すぎるかも?と許可を戴きました。前号8号の「キャラクター小説としてのライトノベル」は同時期に書いていたため、自分の中では補完されるようなイメージで書いてました。まあ簡単に言えば、キャラクター小説としての面が一方向に進化したのが日常系・空気系のライトノベルというような事をイメージしてました。
『9S<ナインエス>』については書いてる時に相方のえるうぃ君と議論することが多かったのですが、そのあたりのことを少々書いてます。
基本的に少々書いた時の事などを振り返った文章がありますが、新作文章はほとんどありません。以前のコピー本よりかは読みやすい造本になっているのでよろしければお手にとってくださいませ。

とらのあな
COMIC ZIN

なにか感想があればコメントなんぞをば↓に。
拍手する

inserted by FC2 system